禁煙効果に定評のあるチャンピックスではありますが、利点ばかりが語られており、デメリットについてはあまり知られていません。そこで、知っておいて損はないチャンピックスのデメリットを挙げてみたいと思います。

チャンピックスの画像

チャンピックスを服用の際に気をつける事

禁煙を達成するための手段として一躍有名になったのがチャンピックスによる禁煙治療であり、日本においてはニコチン依存症という診断を受けると保険適用で服用をしていくことができます。
保険適用であるという点から誰でも確実に禁煙が達成できると考えてしまいがちですが、必ずしもそうではありません。
チャンピックスを服用する際には気をつけなければならないことがあります。
その一つが、チャンピックスは禁煙を補助するための薬であるということであり、本人のしっかりとした意志がなければ禁煙は達成されないということです。
そして、保険適用でチャンピックスによる禁煙治療を行うことができるのは一度だけであり、もし失敗してしまってもう一度取り組みたいというときには全額が自己負担になることです。
そのため、一回で確実に禁煙を達成するという高い気概を持つことが必要です。
一方、服用を始める際にも気をつけなければならないことがあります。
服用すべき量が最初のうちは変化するため、それを間違えないようにして服用しなければならないという点です。
最初の一週間がそれに該当し、1日1回からスタートして、1日2回になり、翌週からは量が倍になります。
どれを飲むかということはパッケージに書いてあるため間違えることはあまりないものの、それを間違えてしまうと正しい治療とならずに効果が正しく得られなくなってしまう可能性があります。
また、飲み忘れによって効果が切れてしまうことになるため、何も自覚がなくても必ず飲み続けて12週間続けていくということを心がけなければなりません。
そうすることによって高い確率で禁煙を達成することができ、二度と煙草を手にしなくても良い生活を送れるようになるでしょう。

チャンピックスの服用期間

ニコチンに対する依存症ができてしまっている人にとって禁煙をしたいという望みをかなえるのは難しいのが事実です。
様々な禁煙のためのアイテムが開発されてきていますが、それを使ってもなお苦労する人が多いことは否めないでしょう。
しかし、禁煙外来が病院において行われるようになり、そこで用いることができる禁煙治療の方法も保険適用でできるものが登場しました。
ニコチン依存症という診断がくだされた場合には保険適用でチャンピックスを服用する保険治療が実現できるようになっています。
保険治療で行われるチャンピックスの服用方法には特徴があります。
しかし、それにしたがって治療を行っていけば12週間のチャンピックスの服用によって治療を達成できる可能性が高いでしょう。
服用の方法として第一週には少し特徴のある飲み方をしなければなりません。
最初の三日間は1日1回で0.5mg錠を飲みます。そして、4日目から7日目は1日2回で0.5mg錠を飲みます。
そして、この期間は煙草を吸っても構わないというのが特徴です。
もちろん禁煙できてしまう場合にはあえて喫煙をする必要がないものの、我慢できない場合には吸って構わない期間があるのです。
そして、第二週からは完全に禁煙で過ごすことになります。
この際に服用するのが1日2回の1mg錠であり、こうやって徐々に服用するチャンピックスの量を増やしていくことに特徴があります。
こうして最終的にはトータルで12週間の服用期間を経て、禁煙を達成することを目指すのが保険適用の治療方法です。
しかし、自己治療で行う場合には必ずしも12週間でやめることが必要とされるわけではなく、個人で手配を行って続けていくことも可能です。

チャンピックスでの禁煙成功比率

禁煙外来をピーアールするテレビコマーシャルが放送されていますが、チャンピックスはその禁煙外来で禁煙をするために処方されている薬です。
薬の効き目は非常に効果的で、十二週間チャンピックスを継続して服用することによって、92%以上という高い禁煙成功比率を出しています。
一般的に、煙草を喫煙している人が自分の意思だけで禁煙をしようとしても精神的に苛立ち失敗してしまうことがほとんどです。
煙草がなかなか止めることができないのは、煙草に含有しているニコチンに依存してしまっていることが原因になります。
ニコチンを身体に取り込むと、ドーパミンという快楽を得る脳内ホルモンが発生してストレスが軽くなるという状態になります。
この快楽を得る状態が癖になり、気持ちが落ち着かないという際に煙草がどうしても吸いたくなってしまうという状態に陥ります。
この行為を繰り返していくことによって、ニコチンに対する依存度が強まってしまうため、煙草を止めることがなかなかできなくなります。
煙草を吸うと脳の神経細胞にあるニコチン受容体とニコチンが結びつくことによって快楽物質であるドーパミンが大量に放出されます。
チャンピックスは、脳にある神経細胞のニコチン受容体に先回りをして結びつくことにより、煙草を吸ってニコチンがニコチン受容体と結びつくときよりも少ない量のドーパミンを放出します。
そのためチャンピックスは、禁煙するときに起きる苛立ちを抑えることができます。
そして、チャンピックスを服用して禁煙している最中に煙草を吸ってしまったとしても、煙草に含まれているニコチンがニコチン受容体と結びつかず、煙草がまずく感じたり、満足感が得られなくなる効果もあります。

■92%以上という高い成功率の チャンピックスを通販で購入
■チャンピックス等で禁煙を成功させると様々な恩恵があります
禁煙 効果