禁煙効果に定評のあるチャンピックスではありますが、利点ばかりが語られており、デメリットについてはあまり知られていません。そこで、知っておいて損はないチャンピックスのデメリットを挙げてみたいと思います。

チャンピックスの画像

日数によって変わるファイザーのチャンピックス治療

禁煙をしたいという人にとってどういった方法で行っていくかということは大きな課題の一つであり、多数ある禁煙法の一つを選んで取り組むというのはそれほど簡単なことではありません。禁煙グッズの種類だけでも膨大であり、禁煙に取り組んでみないうちからどれが自分に最適なものかを判断するのは不可能に近いでしょう。そういった状況において保険適用で行える治療法が確立され、病院で受けられるようになったことは禁煙をしたいという人にとって第一の候補を選びやすい状況を生んでいます。保険適用できるような確立された治療方法を生み出すことができたのはファイザーが禁煙補助薬としてチャンピックスを開発することに成功したことによるものです。チャンピックスを用いて12週間の治療を行うことによって効果的に禁煙を達成することができるということが示されています。その結果を受けて日本においても保険適用で行うのに適したものであるという理解を受けることができるようになったのです。その治療方法として特徴的なのが、チャンピックスの服用を始めてからの日数でやるべきことが定められているという点です。最初の3日間とその後の4日間ではチャンピックスを飲む回数が異なり、翌週からは一錠に含まれる有効成分量が倍になります。また、最初の一週間はタバコを吸っても構わないという条件がついており、しばしば困惑してしまいがちになるとも言われています。しかし、パッケージにいつどれを飲むべきかということもガイダンスも記載されていることから、それにしたがっていけば良いという簡単な形に整えてあるのが現状です。そのため、日数の数え間違えをして失敗してしまうというリスクもなく禁煙治療を行っていくことができます。